誰でもわかる生活の情報局!

プロの専門家が、暮らしにかかわる大切な情報を初心者にもわかりやすく解説します。

『浴衣』の基礎知識!

夏と言えば、花火にお神輿、西瓜、夏祭り…色々ありますね。そして、夏祭りと言えば「浴衣」です!着物離れが進む中、成人式と夏祭りは普段着物に触れる(着る)機会のない方々にとって、着物を着る一大イベントと言っても過言ではないのでしょうか。着物を知る方には、「振袖と浴衣を一緒にしないで頂戴」と言われてしまいそうですが、なかなか着物を着る機会なんてありませんし、ましてや成人式は限られた人しか振袖を着れない訳ですから、老若男女問わず多くの人が着物を着れるのは夏祭りくらいなものです。

これははしゃがずにはいられない!(о´∀`о)ノ

そんな訳で、今回は「浴衣」についてまとめていきたいと思います。

 

 

浴衣とは?

浴衣は昔から今のように「お祭りに着ていく」・「夏に着る衣装」と言うわけではありませんでした。平安時代の「湯帷子(ゆかたびら)」がその原型とされます。

その時代、貴族たちはお風呂は湯船に入らず薬草などを蒸したサウナのようなものに入って汗をながしていました。その時に肌を隠すため、蒸気で火傷しないため、汗取りのためなどに着ていたものが湯帷子になります。今で言う、「岩盤浴に行った時に着る作務衣(さむえ)」みたいなものと言ったところでしょうか。

そして、安土桃山時代頃から、湯上がりに着る「湯浴み用」着物に変化します。今で言うパジャマですね。

そして、江戸半ばになると遂に外出も出来る「浴衣」になります。

貴族が着ていたものが、庶民の外着にまで変化したのはなかなか面白いですね(^-^)

 

[浴衣の帯について]

浴衣を着る際の帯は、

男子→三尺帯(約90㎝位の短い帯。幅の狭い手拭いの様な感じ)

女子→半幅帯(普通の帯の半分の幅の帯)

が古風とされていましたが、明治以降「兵児帯」が流行り、これを締めることもあります。また、夏着物風に名古屋帯を締めることが出来るものもあります。

男子は角帯を用いることが多いですが、本来角帯は浴衣には使用しません。しかし、現在はそのような感覚が無くなってきているようで、浴衣とセットで売られています。(角帯の方が見栄えがし、帯幅も広いので着崩れしにくい、と言う理由もあるかもしれません)

 

兵児帯は、小さい子供がよく結んでいるふわふわした柔らかい帯のことです。個人的にはあのふわふわ、ひらひら感が金魚のしっぽの様で可愛いく、非常に夏らしいと思います。

 

[浴衣と着物の違い]

よく混同されがちですが、全く違います。

浴衣

・出掛けるのは気取らない場所のみで余所行き用ではない

・肌に直接(襦袢なしで)纏う

・足元は裸足

・裏地が付いていない

・昔は紺地か白地ばかりだった

 

着物

・カジュアル~フォーマルまで幅広く存在する(着物の格による)

・襦袢を着用してから纏う

・足元は足袋

・裏地が付いている(ものが多い)

・半襟、帯揚げ、帯締め、帯留めなど小物が多く、遊べる

・色、柄など様々

大きな違いは、襦袢を着るか着ないか、裸足か足袋かですね。しかし、今は浴衣に襦袢を合わせて着物風に着るものや足元も浴衣用のレースの足袋など出ているので、余計に混同されがちです。

それでも一番の違いは「格」です。着物の種類にもよりますが、浴衣は着物より格が低いです。元々湯上がり用に着られていたので、ちょっとお洒落なレストランなど格上な場所はNGです。今ではその感覚も薄らいできていますが、洋服で言う「Tシャツ+ジーンズ」の様な感覚なので、それがNGな場所は浴衣で出掛けるのは避けた方が無難です。

 

[浴衣の種類]

浴衣の生地には様々なものがあります。代表的なものをまとめたので、購入される時の目安にしてみてください。

 

綿紅梅(めんこうばい)

高級浴衣のひとつ。

薄手の生地に、太い木綿糸を格子状に織り込んだもの。異なる太さの糸を組み合わせて格子状に織ることで、でこぼことした生地になります。このでこぼこが、「生地に勾配(=紅梅)がある」と言うことがその名の由来です。でこぼこした生地のため、汗をかいても肌に張り付かずさらりとした着心地です。

格子以外の部分を絹糸で織り込んだものは[絹紅梅]と言われ、高級感がアップします。

 

綿絽(めんろ)

綿素材の生地の横糸を飛ばしたように織った生地のこと。細かく穴が空いたような見た目。透け感が他の織り方より強く、涼やかさがあります。着る時は浴衣用スリップを合わせましょう。

 

綿縮(めんちぢみ)

縦糸に普通の撚りをかけた綿糸、横糸に強い撚りをかけた綿糸を使って織られた生地。縦横違う撚りをかけた糸を使うことで、生地の表面に細かなちぢれ(しぼ)が出来ます。このしぼのお陰で、生地と肌の間に隙間が出来て着心地が涼しくなります。綿縮は通気性、吸湿性に優れているので高温多湿の夏場にぴったりです。

 

コーマ地

コーマ糸(高度に洗練した木綿糸)を使って織り上げたもの。浴衣に最もよく使われています。普通の糸より繊維が細かくなっていて、この糸で生地を織るとすべすべした触感になり、張りとしなやかさが出ます。染色性が良いのも特徴です。

コーマ地は襦袢と重ねても見栄えがせず、滑りも悪いため高級感を出すには向いていません。

 

綿麻(めんあさ)

その名の通り綿と麻を使った交織生地。綿と麻の割合は様々ですが、麻が多いとシャリ感のある風合いになり、綿が多いとふんわりした風合いになります。麻が入っているので、涼しい反面シワになりやすいです。

 

ポリエステル

最近ではポリエステルの着物も増えてきました。綿より吸湿性が劣るので、暑く感じることもありますが、反面、自宅で洗濯出来てシワになりにくく、速乾性がある、など化学繊維特有の便利さもあります。有名なもので、東レが開発した[セオα(アルファ)]があり、多数の着物ブランドからセオαを使用した浴衣が販売されています。

私も持っていますが、一枚で浴衣として、襦袢と併せて夏着物としても着れるため重宝します。勿論、他の浴衣も襦袢と併せて着物として格を上げて楽しめるものもありますが、やはり自宅で洗濯出来てアイロンもいらないので、手入れが簡単で楽です。また、古風な柄を現代風にアレンジされているものが多く、柄や色が多彩なので若い方や着物初心者の方に取っつきやすいのも魅力です。

 

 

【まとめ】

[浴衣と着物の違い]でも書いたのですが、浴衣は略装(軽装)であると言う感覚がなくなってきています。そのため無意識にTPO を無視してしまい嫌な思いをすることがあるかもしれません。浴衣=着物=フォーマルではないことを知って頂けたらと思います。

浴衣でお祭りもいいけれど、折角ならゆっくり時間を使える時に浴衣を着てのんびりカフェなんかに行かれるのをおすすめします。お祭りだとどうしても人混みで着崩れてしまったり、自分が思うように歩けず下駄擦れしてしまったり…楽しい思い出が嫌な思い出になっては、次も浴衣を着ていきたいとは思えません。

時間をとってゆっくり浴衣で過ごして、慣れてもらった方が楽しいお祭りを過ごせると思います。いつもの場所も浴衣で来ると、違った見え方があって楽しいですよ。是非、浴衣や着物を着て足を運んでみてください。

 

今回は以上です。(^∞^)