【決定版】誰でもわかる医療福祉制度!初心者必見

プロの専門家が、暮らしにかかわる大切な情報を初心者にもわかりやすく解説します。

『生活保護』をわかりやすく解説!

【生活保護の基礎知識】

1、生活保護とはどんな制度?

生活保護制度とは、憲法25条に基づいて国民が最低限度の生活をおくることができるよう、国や自治体が必要な生活費を支給します。

【憲法25条】すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

 

2、生活保護をもらうためには?

・持っている資産(田畑など)は売却しないといけません。

・ある程度の預貯金や、家族からの支援がある場合はもらえません。

・働ける場合は能力に応じて働き、足りない分が支給されます。

・過度の飲酒やギャンブルは認められていません。

・認められていない車やバイクの運転や所持は認められていません。

 

3、生活保護の手続きは?

①まずは住んでいるところにある役所(役場)の生活保護課に行き相談します。

②資産の調査や収入の調査、就労能力の調査、家族の援助が可能かなどの審査を受けます。

③審査に通れば支給決定となります。

 

4、生活保護の申請に必要なものは? 

・印鑑

・保険証 

・持っている通帳全て

・家賃証明書(持ち家以外の人)

・年金証書、年金振込通知書、年金の記録簿(年金をもらっている人のみ)

・障害者手帳(持っている人のみ)

・自立支援医療受給者証(受けている人のみ)

 

5、生活保護はいくらもらえるの?

住んでいる地域や環境によりますが以下の種類を合算してもらえます。

生活扶助・・・食費、衣服費、光熱費など

住宅扶助・・・家賃や引っ越し、住居の修理に必要な費用など

教育扶助・・・義務教育を受けるために必要な学用品など

医療扶助・・・入院代、通院代、薬代など

介助扶助・・・介護サービスに必要な費用

出産扶助・・・出産に必要な費用

生業扶助・・・就労に必要な技能の習得にかかる費用

埋葬扶助・・・埋葬に必要な費用

※その他一時的に、学校への入学準備金や被服費(布団やカーテンなど)、家具什器費用(家具、食器、調理器具など)が必要に応じて支給されます。

 

6、生活保護のメリット

・生活保護費をもらえます。

・税金(所得税や住民税など)を支払わなくてよくなります。

・年金保険料を支払わなくてよくなります。

・病院代(検診代も含めて)を支払わなくてよくなります。

・障害のある方や一人親家庭には状況に応じて加算があります。

 

7、生活保護のデメリット

・家族にばれます。

・ぜいたく品を持つことが禁止されます。

・クレジットカードを作ることが出来ません。

・生命保険に入ることが出来ません。

・引っ越しをしなければならない場合があります。

・定期的に担当者が自宅を訪問します。

・借金が出来ません

 

<まとめ>

生活保護が必要でなくなればすぐにはずすことができます。なので一時的に生活が困窮している場合などに命綱として使って下さい。日本はどうにかして生きていくことが出来る国です。