誰でもわかる生活の情報局!

プロの専門家が、暮らしにかかわる大切な情報を初心者にもわかりやすく解説します。

知っておくべき『食肉』の基礎知識!~豚肉・鶏肉編~

前回の牛肉に続きまして、豚肉、鶏肉編です。豚肉、鶏肉も牛肉同様、良質なタンパク質を多く含む優れた食材です。

今回は豚肉、鶏肉に特に多く含まれる栄養や効果などをまとめました。

 

豚肉について

食肉の中でも、国内消費量が一番高いのが豚肉です。また、中性脂肪の蓄積を抑え、美肌効果や女性の悩みに多い頭痛・冷え性・貧血改善の効果もあります。

 

豚肉に含まれる栄養

【ビタミンB1】

ビタミンB群は牛肉にも多く含まれますが、豚肉に含まれるビタミンB1は牛肉の約10倍!ビタミンB1については、牛肉の件で少しご説明しましたが糖質からエネルギーを生産する他、神経の働きにも関係があります。ですので、ビタミンB1が不足すると精神不安定になったり、疲労の原因である「ビルビン酸」が増え、乳酸を作り出し、疲れやすい、疲れが取れないなどの症状が出ます。別名「疲労回復ビタミン」と呼ばれるのも納得です。また、ビタミンB1の吸収を促す「硫化アリル」を含む玉ねぎニラと一緒に摂取するとより効果的です。

【ロイシン】

必須アミノ酸の一種で、筋肉の分解を抑制し、筋肉強化、修復する働きがあります。ダイエット中の方や筋肉トレーニングをされる方におすすめです。

【トリプトファン】

必須アミノ酸の一種で、精神安定などに必要なセロトニンを増やす働きがあります。豚肉の赤身に多く含まれ、うつ病予防に効果があります。

【ナイアシン】

豚肉のレバーに多く含まれます。糖質・脂質などからエネルギーを生産する時に働く酵素の補助をする働きがあります。これが、不足すると下痢、精神神経症状などがあらわれます。また、体内でアルコールを分解する働きもあるので、お酒を飲まれる方におすすめです。

また、ナイアシンは血行促進、血管拡張作用もあるため、それにより血流がよくなり冷え性や貧血の改善に効果があります。

鶏肉(むね肉、ささみ)にも多く含まれます。

【ビタミンB12】

末梢神経の傷を修復するのに有効な働きをします。神経痛(頭痛)は末梢神経が傷つくことで発生する場合もありますので、ビタミンB12の働きにより神経痛の改善が期待できます。

【ミネラル】

豚肉はリン・カリウム・亜鉛のミネラルを多く含みます。

〇リン:骨や歯を形成するミネラル

〇カリウム:ナトリウムを排出する働きがあり、高血圧予防の効果があります

〇亜鉛:牛肉編でも触れましたが、貧血予防や新陳代謝の働きなどに関係します

 

ミネラルは体内で合成できません。また、日本人はミネラルが不足しがちだと言われていますので、豚肉を積極的に食べたいですね。

 

鶏肉について

皮を除けば、牛肉、豚肉に比べ脂質が少なく(低脂肪)で高たんぱくなため、とても優れた食材と言えます。また、比較的安価で手に入りやすいのも魅力的です。

【ビタミンA】

鶏肉の特徴はビタミンAが多く含まれることです。ビタミンAは粘膜を丈夫にし、病気の回復を助ける働きがあります。

【ステアリン酸】

鶏肉に含まれるステアリン酸は、善玉コレステロールの生成を助ける働きがあります。

【メチオニン】

アレルギーの元となる「ヒスタミン」を抑制し、肝臓の機能を高める働きをします。お酒を飲まれる方におすすめです。また、肝臓に脂肪がつくのを防ぐ効果もあるため脂肪肝の予防にもなります。

【イミダゾールジペプチド】

聞きなれない言葉ですが、別名「イミダペプチド」とも呼ばれ、その名でサプリメントが販売されています。疲労回復に効果的で、摂取するとしないとでは約2倍の差が出ると言われます。

【ビタミンB6】

食べたものを効率よく代謝させやすい体にする働きがあるので、ダイエット中の方や筋肉トレーニングをされる方におすすめです。また、精神を安定させる働きもあります。

【コラーゲン】

ご存知の方も多いかと思いますが、肌のハリや潤い、弾力を保つ美容効果があります。また、骨粗しょう症予防や目や髪などの老化予防の効果もあります。コラーゲンは水溶性のため溶け出しやすいので、スープや煮物など煮汁を美味しく頂く調理法がおすすめです。コラーゲンの生成を助けるビタミンC(レモンやブロッコリーなど)と合わせて食べるとより効果的です。手羽先に多く含まれます。

 

【まとめ】

牛肉・豚肉・鶏肉、それぞれが必須アミノ酸やミネラルなど私たちの体内では合成できない栄養素や私たちの体を作り、支える栄養素を多く含んでいます。ここに記載したものは本の一部です。また、部位によって栄養も変わります。

私なりにお肉を選ぶ時のポイントを簡単に以下にまとめました。

牛肉

亜鉛を多く含むため、妊娠中の方、貧血気味の方、精力を付けたい方などにおすすめ。

豚肉

疲労回復に効果的なので、夏バテ、疲労感のある方や頭痛、冷え性、貧血のある方などにおすすめ。

鶏肉

消化吸収が良く、中国では薬膳スープに使われたりしますので、胃腸の弱っている方、お年寄りやこども、また、美容効果的を期待される方などにおすすめ。

 

8月29日は「焼き肉の日」らしいので(語呂合わせには無理がある気もしますが(^-^;)参考にして頂けたら幸いです。野菜は、お肉の2倍は摂らないといけないそうなので、くれぐれも野菜もお忘れなく。

 

今回は以上です(^∞^)