誰でもわかる生活の情報局!

プロの専門家が、暮らしにかかわる大切な情報を初心者にもわかりやすく解説します。

知っておくべき『アイスクリーム』の基礎知識!

8月も終盤に差し掛かっていますが、毎日暑いですね。冷たく喉を潤す「アイスクリーム」がまだまだ手放せません。

夏の定番のアイスクリームですが、今や季節を問わず新商品がどんどん出ています。このアイスクリーム、食品衛生法に基づき4種類に分けられていることをご存じですか?今回はそんなアイスクリームについてまとめたいと思います。

 

アイスクリームの種類

アイスクリームの種類は、乳固形分乳脂肪の割合で定義されています。

乳固形分→乳から水分を取り除いたもの。

乳脂肪→乳固形分の中の脂肪分のこと。(バターやクリームになる成分)

無脂乳固形分→乳から水分、脂肪分を取り除いたもの。(脱脂粉乳など)

無脂乳固形分はアイスクリームの食品表示で目にすることも多いので、こちらにまとめました。

 

【アイスクリーム】

乳固形分15%以上、乳脂肪8%以上のもの。乳脂肪分が高いほど濃厚な味になります。国内で販売されているアイスクリームは、乳脂肪8%が多いようです。ちなみにアメリカでは、「乳固形分20%以上、乳脂肪10%以上」と日本よりも濃厚なものをアイスクリームと呼ぶようです。

【アイスミルク】

乳固形分10%以上、乳脂肪3%以上のもの。アイスクリームに比べ、乳脂肪分が低くなりますのであっさりした味わいになります。

【ラクトアイス】

乳固形分3%以上のもの。アイスクリーム、アイスミルクに比べ、濃厚さはあまりなくアイスミルクより更にあっさり、シャキシャキした食感になります。乳脂肪を補うため、植物油脂を使うことで濃厚さ(のようなもの)を出したりします。アイスクリームやアイスミルクに比べ、安価で種類が多いのが魅力的ですが、添加されている植物油脂がトランス脂肪酸を含んでいることもあり、注意を呼び掛ける声もあります。

【氷菓】

乳固形分がラクトアイスよりも低いか、入っていないもの。アイスクリームの中で一番カロリーが低いと言われます。(添加物にもよります)氷のようなガリガリ、シャリシャリ感が特徴です。

 

トランス脂肪酸とは?

ラクトアイスで触れたのですが、世界的にも問題になっているので知って頂けたらと思います。

トランス脂肪酸とは、融点の低い不飽和脂肪酸を多く含む油脂(植物油など)に水素を付加することで、飽和脂肪酸に変換し、常温で固体にしたもののことです。マーガリン、ショートニング、ファットスプレッドなどが代表的ですね。多く摂取すると、心臓病、生活習慣病などのリスクが高まる他、ガン、脳梗塞、動脈硬化の原因になるとも言われています。

 

注意したい添加物は?

アイスクリームの食品表示でよく見かける添加物の中でも、特に注意したいものをまとめました。

【甘味料(アセスルファムKなど)】

免疫系などにダメージを与えます。

また、甘味料の一種テビアは、妊娠中や授乳中の女性、こどもに対する安全性を示す十分なデータがないのでこちらも要注意です。

【香料】

成長障害、肝臓、膵臓、腎臓の肥大異常。

【カラメル色素】

発ガン性が指摘されています。

【安定剤(増粘多糖類)】

こちらも発ガン性が指摘されています。

【乳化剤】

・ソルビンタン脂肪酸エステル

・グリセリン脂肪酸エステル

このふたつは肝臓肥大、腎臓石灰化、染色体異常などの報告があります。

 

食べたからと言って、必ずしも上記のような症状が出る訳ではありませんし、神経質に考えると「何も食べられない!」となってしまいます。摂りすぎなければ直ぐに健康に異常をきたす訳ではないようです。

 

アイスクリームに関する疑問

Q.アイスクリームに賞味期限の表示がないのは何故?

A.冷凍保存する商品なので、温度管理を適切に行えば品質の劣化が少なく、長期保存が可能なため、賞味期限の表示を省略しています。

 

Q .一度溶けたアイスを冷凍して食べても大丈夫?

A.食べる分には問題ないようですが、一度溶けたアイスは組織が壊れ、風味や食感が悪くなっています。また、家庭の冷凍庫は専用のフリーザーとは異なるため、完全に凍結できないものもあります。

 

Q.アイスクリームを食べると頭が「キーン」と痛くなるのは何故?

A.これは「アイスクリーム頭痛」と言う医学的な正式名称があります。原因は諸説ありますが、有力なのが下の2つです。

 

①冷たい物が喉を通るとき、喉にある三叉神経が刺激され、その伝達信号を痛みだと脳が勘違いして頭痛が起こる。

②冷たい物を食べると、急に喉や口内が冷えるため身体が一時的に血流量を増やして身体を温めようとする時に脳に繋がる血管が膨張して頭痛が起こる。

 

時間をかけてゆっくり食べると、喉や身体が急に冷えないため頭痛の予防になります。試してみてください。

 

【まとめ】

甘くて美味しいアイスクリームですが、添加物を多く含むものもあります。気になる方やアイスクリームをよく食べる方は食品表示を一度チェックされることをおすすめします。

また、長期保存が可能ですが家庭の冷凍庫は開閉が多く温度変化もありますので、購入後はなるべく早めに召し上がった方が良いようです。

 

 

今回は以上です。(^∞^)