誰でもわかる生活の情報局!

プロの専門家が、暮らしにかかわる大切な情報を初心者にもわかりやすく解説します。

『お弁当』の基礎知識!~中身編~

お弁当作りに重要なこと。味、彩り、種類…など色々ありますが、何と言っても一番は[衛生面]ではないでしょうか。味や彩りにこだわっても食中毒になってしまってはとんでもない!

前回、お弁当の外側(お弁当箱)についてお話したので、今回は中身について知っておきたいアレコレをまとめていきたいと思います。

 

【入れない方がよい食材】

梅雨、夏場は特にお弁当が傷みやすく、食中毒になりやすい時期です。食品によっては、細菌がつきやすく、増殖しやすいものもありますのでお弁当に入れるのを避けた方がよいものを紹介します。 

 

よく耳にし、一番知られている食材ではないでしょうか。しかし、しっかり熱を通したら入れてはいけないと言うことでもありません。半熟状態が細菌を繁殖させやすくなりますので、しっかり熱を通しましょう。また、しっかりした味付けは菌の増殖を防ぐとも言われるので濃い目の味付けを意識しましょう。

練り物、加工品、乳製品

ちくわやかまぼこ、ハム、チーズなどそのまま簡単に入れることが出来て、忙しいお弁当作りに重宝しますが、生で入れるのはNGです。表面がしっとりしているので、菌がつきやすくなっています。こちらもしっかりと加熱することが大切です。

生野菜

揚げ物の敷物や仕切りにレタスやきゅうり、彩りに最適なミニトマトなど、使っている方は多いと思います。私もそうです。しかし、よく洗っても加熱していない生野菜は、土壌菌がついている場合があり、食中毒になる可能性があります。どうしても生で使用したい場合は、よく洗った後しっかり水気を拭き取りましょう。(ミニトマトはヘタの所に水分が溜まりやすいので必ず取ってから洗い、よく水気を拭き取りましょう)

じゃがいも、根菜類

じゃがいもや根菜はデンプンを多く含み傷みやすい食材です。ポテトサラダはマヨネーズ(卵)も使用していますので、夏場は絶対に控えましょう。

煮物

肉じゃがや南瓜の煮付けなど副菜として入れたいところですが、水分を多く含んでいる為、細菌の温床になりやすいので注意しましょう。

生肉、生魚

いれる方はいらっしゃらないと思いますが、絶対にNGです!肉、魚自体が細菌を持っていることがありますので食中毒になる可能性大です。よく加熱して滅菌しましょう。

果物

食後のデザートに持って行きたい果物ですが、こちらも水分が多く、細菌が繁殖しやすいです。どうしても持ち歩く時は、容器を別にし保冷剤でよく冷やしましょう。

冷凍した食材

よく冷凍した枝豆やとうもろこしを保冷剤代わりにいれる方がいらっしゃいますが、これも溶ける際に水分が出てきて、菌を増殖しやすいので止めましょう。

マヨネーズ・タルタルソース

マヨネーズやタルタルソースは他のものと混ぜると細菌が繁殖しやすいです。ポテトサラダだけでなくマカロニサラダ等も避けましょう。また、ソース類も菌が繁殖しやすいので使用を控えましょう。どうしても使いたい場合はカップなどに入れて別にし、食べる時にかけましょう。

ご飯

お弁当にかかせないご飯も水分を多く含む為傷みやすい食材です。ご飯を炊く際にお酢を入れると、お酢がお米をコーティングしてくれるので傷みにくくなります。(米2合に対しお酢大さじ1位)酢飯は暑い時に食べやすいのでそうした意味でもおすすめです。また、チャーハンや炊き込みご飯は具材が入ることでより傷みやすくなります。お弁当に入れるのは避けましょう。

 

 

【ぜひ入れたい食材・料理】

お弁当に入れてはいけないものを挙げましたが「アレもコレも駄目で何入れたらいいの?」と思いますよね。今度は、傷みにくかったり、抗菌作用があるお弁当界の救世主を紹介します。

 

唐揚げ

揚げ物はよく火を通すので安心ですし、お弁当のおかずにも最適です。しかし、コロッケ(じゃがいも使用の為)やクリームコロッケ(牛乳(乳製品)使用の為)は傷みやすいので避けましょう。

生姜焼き

生姜が腐敗を防ぐ効果があります。食欲増進効果もあるのでおすすめです。

きんぴら

きんぴらは汁気もなく、味付けも濃いので傷みにくいです。副菜にぴったり。

ピクルスや酢漬け(お酢)

お酢には殺菌効果があります。生野菜はNGですが、お酢に漬けることで菌を寄せ付けなくしてくれます。生姜の甘酢漬けは生姜の効果もあっておすすめです。お弁当箱をお酢で拭くのも◎

梅干し

こちらも殺菌効果があるので、ぜひご飯のお供に入れて頂きたいのですが、昔ながらの「日の丸弁当」は梅の周りしか効果がないので梅を散らして使って下さい。

 

おまけ~お弁当小物篇~

可愛いピックや仕切りのバラン、おかずカップなどお弁当作りに欠かせない小物を紹介します。

ピック

刺すだけでぐっと可愛く、華やかになるピック。昔は国旗のピックがお子さまランチに刺さっている位でしたが、今では車や動物、お花やメッセージ性のあるものなど種類も多く、子どものお弁当作りには欠かせません。しかし、園によっては「危ない」との理由でピック使用を禁止する所もあります。園外でも、小さなお子さんが使用する時には注意してください。また、ミニトマトなど水分が多いものに刺すのはNGです。水分が出てきてしまうので、細菌が繁殖しやすくなります。

 

バラン

仕切りに使用するバラン。おかず同士がくっつくことで、傷みや変色を起こしやすくなりますので、進んで活用してください。仕切りにレタスやきゅうりなど生野菜を使うのは、菌の繁殖を招きますので、バランを使うことをおすすめします。

おかずカップ

アルミ、紙、シリコンなどの種類があります。それぞれにメリットデメリットがありますので、自分に合ったものを選びましょう。一部紹介します。

 

アルミ製

柔らかいので変形しやすく狭いスペースにも上手に活用できる。多くがレンジ対応していない。しっかりした堅いタイプ、四角や楕円などもある。

紙製

カラフルなものが多く、お弁当が華やかになる。ややしっかりしているので、グラタンなどにも使える。レンジ対応しているもの、していないもの様々。使い捨てなので、コストがかかる。

シリコン製

おかずカップだけでなく、オーブン・レンジ対応、冷凍もできるので幅広く使える。使い捨てではないので、コストはかからないが洗う手間がかかる。匂いや色が移りやすい。

 

シリコン製は洗って何度も使えますが、汚れを綺麗に落とさないと雑菌の繁殖に繋がる恐れがあります。夏場は使い捨てにするなど使い分けると衛生的でコストもかからないので良いですね。

 

【まとめ】

お弁当の腐敗や食中毒を防ぐ為には、水気(汁気)があるものは避ける(またはしっかり拭き取る)、しっかり加熱することが大事です。また、殺菌・抗菌作用のある食材もうまく取り入れましょう。

細菌がもっとも繁殖しやすい温度は35℃前後と言われます。夏場は近い温度になりますので、より傷みやすく食中毒を起こしやすいです。保冷剤や抗菌シートなども積極的に活用して、暑さに負けず、夏も楽しく美味しいお弁当生活をエンジョイしましょう。

 

今回は以上です(^∞^)