現場のプロが教える医療福祉の説明書

精神保健福祉士が日本の医療福祉について、誰にでもわかるように徹底的に解説します。

精神保健福祉手帳の説明書!

f:id:mikonyannyan:20190704085815g:plain


障害のある方が各種サービスを受ける際に必要となるものが障害者手帳です。

障害の種別によって3種類(「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神保健福祉手帳」)あるのですが、今回は精神障害のお持ちの方が対象となる精神保健福祉手帳について解説していきます。

申請の仕方や持つことで受けられるサービス内容など役立つ情報ばかりなのでぜひご一読下さい!

 

目次

 

精神保健福祉手帳とは?

精神保健福祉手帳は、障害のある方が申請することによって取得できる手帳です。

税制面での優遇措置やさまざまなサービスを受けることができ、持つことによるデメリットは特にありません。

 

精神保健福祉手帳の申請条件は?

精神科に通院していれば誰でも取得できるというわけではなく、一定の条件があります。

その条件は以下のものですが、該当するかどうかわからない場合には直接主治医かソーシャルワーカーににたずねた方が良いです。

初診日から6ヶ月以上を経過している必要があります。

障害等級の1~3級に該当する状態であることが条件です。

 

精神保健福祉手帳の申請に必要なものは?

精神障害者手帳の申請には印鑑写真(4×3cm)個人番号(マイナンバー)がわかるものが必要です。

また、申請の仕方としては診断書で申請する方法と障害年金証書で申請する方法の二通りがあり、提出する書類も異なります。

 

診断書での申請方法

主治医の診断書を提出し申請する方法ですが、診断初代が必要になります。

障害年金証書での申請方法

障害年金を受給中の方は、診断書の代わりに障害年金書類で申請することが出来ます。また、障害年金の等級がそのまま手帳の等級となります。

 

精神保健福祉手帳の申請方法は?

精神保健福祉手帳は自動的に交付されるものではないため、自発的に申請することによって取得することが可能です。

その方法は下記のようになります。

なお、審査には数か月かかる場合があり、終了後は申請者あてに連絡があります。

①役所(役場)で必要な書類をそろえます。病院でも必要書類を置いてあるところは多いので受付やソーシャルワーカーに相談してみて下さい。

申請書を書きます。病院によってはソーシャルワーカーが一緒に書いてくれたり、提出まで行ってくれるところもあります。

③障害年金を受給していない方は、主治医に診断書を書いてもらいます。

④申請に必要なものをそろえて役所(役場)に提出します。

 

精神保健福祉手帳の等級は?

障害者手帳にはその症状の重さを基準として等級が設定されています。

精神保健福祉手帳では1級~3級まであり、1級が一番症状が重いということになります。

 

精神保健福祉手帳の有効期限は?

精神保健福祉手帳の有効期限は2年間です。引き続き使い続けるためには更新の手続きが必要なので忘れずに更新しましょう。

再申請の時にも主治医の診断書、または年金をもらっていることを証明できるものを提出しなければいけません。

なお、氏名や住所が変わった場合や手帳を噴出してしまった時には変更届及び再発行が必要になりますので役所(役場)に申し出てください。

 

精神保健福祉手帳のメリットは?

精神保健福祉手帳を提示することによって様々なサービスを受けることが出来ます。

下記にあげたもの以外でも、障害者枠での仕事に就くことが出来たり、生活保護を受給中の方は障害者加算が上乗せされたりといったメリットがあります。

また、公共施設や娯楽施設・レジャー施設などの割引制度を行っているところもありますので、積極的に活用してもらいたいと思います。

税金の免除

所得税・住民税の控除

全等級が対象で、確定申告・年末調整時に税の控除を受けることが出来ます。

相続税の控除

全等級が対象で、手帳所持者が法定相続人に該当し、財産を相続した場合、障害程度や年齢に応じて下記の計算方法によって控除されます。

(85歳ー相続人の年齢)×12万円 ※2~3級の方は6万円

自動車税の減免

1級の型のみが対象で、自動車税の減免を受けられた方はタクシー券の取得はできません。

NHK受信料の減免

世帯の状況によって減免される内容が以下のように異なります。

全面控除・・・手帳所持者かつ世帯全員が市町村民税非課税の場合・

半額免除・・・世帯主が手帳1級を持っている場合。

 携帯電話料金の割引

携帯電話の基本料金が割引されます。また、それぞれの会社によって通話料や留守電サービスの使用料がお得になるなどのサービスがありますので直接たずねられてみて下さい。

 DoCoMo・・・ハーティ割引。基本使用料の60%割引になります。

Softbank・・・ホワイトプランの基本使用料が無料になります。

au・・・スマイルハート割引。基本使用料が半額になります。

 

公共運賃の割引

電車・・・精神保健福祉手帳での割引サービスはありません。

バス・・・バス会社によって異なりますが、本人及び付き添いの方が運賃の5割引きと設定している会社が多いです。

タクシー・・・料金支払い時に手帳を提示することによって、メーター料金より1割引きされます。また、市町村によって無料券の配布を行っているところもありますのでお住いの福祉課でたずねられてみて下さい。

 

まとめ

1995年に制定された精神保健福祉手帳ですが、他の障害者手帳に比べると利用できるサービスが限られているケースがあります。

有料道路の割引など現在検討されているものもありますが、最終的には、基本的に共通したサービスが受けられるようになって欲しいと思います。

また、申請時に必要な診断書は「自立支援医療」制度の利用を申請する時にも使えますので同時申請をすることをお勧めします。