現場のプロが教える医療福祉の説明書

精神保健福祉士が日本の医療福祉について、誰にでもわかるように徹底的に解説します。

老人施設の種類や入所方法を知ろう

f:id:mikonyannyan:20190704085815g:plain

高齢社会はこれからますます進み、将来的には経済面だけでなく福祉の面でもさまざまな問題が出てくると思われます。

2040年には現役世代1,5人で一人の高齢者の方を支えるといわれますが、介護者の不足はどのようにして解決されていくのでしょうか。

また、ソフト面(人材)だけでなくハード面(施設)の不足も深刻化していくと思われます。今回は現在の高齢者施設の状況を書いていきます。

 

【目次】

 

老人施設とは?

老人施設とは高齢者の方が入所することができる施設のことですが、その種類は介護の度合や、受けることが出来るサービスによってさまざまです。

 

老人施設の種類は?

老人施設にはいくつかの種類があり、それぞれ入居条件やサービス内容などに違いがありますので検討する際には比べてみる必要があります。

 

特別養護老人ホーム

原則65歳以上の要介護1~5の認定の方で、常に介護が必要で自宅では介護が出来ない方が対象となります。

日常生活の介護や健康管理などを受けることが出来ます

老人保健施設

原則65歳以上要介護1~5の方が対象となります。

リハビリに重点を置いた施設になります。

養護老人ホーム

原則65歳以上の方で、日常生活はある程度自立して行うことが出来るが環境上の理由により自宅において生活することが出来ない方が対象となります。

日常生活のお世話や必要な指導や訓練などを受けることが出来ます。

なお、入所については審査会があります。

有料老人ホーム

65歳以上と規定されている施設が多く、比較的所得の高い一般の高齢者が対象となります。

日常生活の介護や、その他必要なサービスが提供されます。また、施設によってその形態はさまざまです。

介護型]・・・介護が必要な場合でも、特定施設入居者生活介護を受けながら利用することができます。

[住宅型]・・・介護が必要になった場合でも、訪問介護などのサービスを受けながら利用することができます。

健康型]・・・介護が必要にあった場合には退所しなくてなりません。

ケアハウス

原則60歳以上で自立した生活をおくることができるが、一人暮らしが不安な方や家族による援助が難しい方などが対象となります。

生活支援や生活相談などのサービスがついていますが、介護度が重くなると退所しなくてはなりません。

収入に応じて自己負担があります。

軽費老人ホーム

原則60歳以上の方で家庭環境や住宅事情などにより自宅での生活が難しい方が対象となります。

比較的低料金で利用することが出来ます。

 

老人施設に入るための流れは?

老人施設に入所するには一般的に下記のような手順で手続きを行っていきます。

基本的には各施設のパンフレットなどを見比べて見学してみたい所を選ぶことが最初の一歩と言えます。

 

①利用を検討している施設に見学に行き、申し込みを行います。

②役所(役場)に行き、必要な書類をそろえます。

③今後の利用に向けて施設と面談を行います。

④面談の内容を受けて、施設内で入居の審査が行われます。

⑤審査に通れば、体験入所を行います。

⑥正式に契約を行い入所となります。

 

老人施設に入るために必要なものは?

老人施設に入所するには以下にあげたものをそろえる必要があります。

また、施設によっては印鑑証明や診断書などが必要な場合もありますので直接問い合わされた方が確実です。

・印鑑(本人・連帯保証人・身元引受人の分)

・戸籍謄本

・住民票

 

老人施設の利用料金は?

老人施設の利用料は、公的なものと民間のものもあり施設の種類によって大きく異なります。

また、利用料の中には居住費だけでなく介護が必要な方は介護費や、必要なサービスを受ける場合にはその利用料も必要なので、個人によっても異なります。

なお、施設に入所する際には入居一時金が必要な場合もあります。

 

まとめ

老人施設は高齢者の方が入所することが出来る施設ですが、必要なサービスはその方々によって変わってきます。

体に不自由のある方や視覚障害の方、認知症や精神疾患をお持ちの方など、さまざまなニーズに対応していく技術が必要になってきます。

入所される方が不自由のない生活をおくることができるよう、施設側への補助金などが整備されていくことを願っています。