【決定版】誰でもわかる医療福祉制度!初心者必見

プロの専門家が、暮らしにかかわる大切な情報を初心者にもわかりやすく解説します。

「療養介護」をわかりやすく解説!

療養介護とは、医療機関に入院してある常に介護が必要な障害のある方に対し、医療ケアに加えて必要な介護や機能訓練、日常生活上の支援などが行われます。なお、療養介護のうち医療にかかわるサービスを行う場合には、療養介護医療として提供されます。

「行動援護」をわかりやすく解説!

行動援護とは、一人で行動することが難しい知的障害や精神障害のある方に対し、主に外出時の行動を支援するサービスです。

「施設入所支援」をわかりやすく解説!

施設入所支援とは、障害のある方が施設に入所し主に夜間、食事や入浴、排せつなどの介護を受けたり、日常生活に必要な支援を受けることが出来るサービスです。

「同行援護」をわかりやすく解説!

同行援護とは、移動が困難な視覚障害をお持ちの方が外出をする時に、支援者が同行し適切な情報の提供や、必要な支援を行うサービスです。

「移動支援」をわかりやすく解説!

移動支援とは、一人で移動することが難しい在宅の障害のある方を対象に、ガイドヘルパーが一緒に同行し外出の支援を行うサービスです。

「地域活動支援センター」をわかりやすく解説!

地域活動支援センターとは、市町村が運営する地域活動支援事業です。在宅で生活をされている障害をお持ちの方が通所する施設で、生きがい作りや居場所の提供、地域交流などを目的に運営されています。

「短期入所(ショートステイ)」をわかりやすく解説!

短期入所とは、自宅のお住いの障害者の方を介護する人が、一時的な理由で介護が出来ない場合に、障害者の方が施設に短期間入所し、必要な介護を継続できるようにするサービスです。

「臨時特例つなぎ資金貸付」をわかりやすく解説!

臨時特例つなぎ資金貸付とは、社会福祉協議会が運営している事業で、仕事を辞められた方を支援する公的給付や、公的貸付を受けるまでの当面の生活費を貸し付ける制度です。

「日常生活自立支援事業」をわかりやすく解説!

日常生活自立支援事業とは社会福祉協議会が行う事業で、判断能力が不十分な方に対して金銭管理の支援や、福祉サービスの利用の手続きなどをサポートする制度です。

「生活福祉資金貸付制度」をわかりやすく解説!

生活福祉資金貸付制度とは、都道府県の社会福祉協議会が障害のある方や高齢者、低所得者に対し必要な資金を貸し付ける制度です。

「任意継続被保険者制度」をわかりやすく解説!

任意継続とは、退職した後もしばらくは在職中に加入していた健康保険を継続できる制度です。退職したら任意継続をするのか、国民健康保険に加入するのか、家族の扶養に入るかを選ばなければなりません。

「特別児童扶養手当」をわかりやすく解説!

特別児童扶養手当とは、身体もしくは精神に障害をお持ちの児童を扶養される方に対して支払われる手当で、児童の福祉の充実を目的とした制度です。

「自己破産」をわかりやすく解説!

自己破産とは、借金の返済が不可能になった方が、裁判所の許可を得ることで税金以外の借べての支払いをを免れることができる制度です。

「労災保険」をわかりやすく解説!

労災保険とは、仕事中や通勤途上のけがや、業務が原因で病気になった場合に、その治療費や休業中の賃金、障害が残った場合には一時金や年金、死亡時には遺族補償などが支払われる制度です。過労が労災に認定されることもあります。

「傷病手当」をわかりやすく解説!

傷病手当とは、雇用保険の基本手当を受給できる人が病気やけがで仕事を探せない状態の時にもらえる手当です。